現場が変わる。プロフェッショナルな人々のためのスマホIP無線「Aldio Enterprise」。

警備 (警備員・監視員・交通整理) あらゆる警備体制に対応
屋内でも屋外でも必要なメンバーに通話が可能

Aldioのアプリ画面

Aldioはビルや地下など屋内・屋外でも、3G、4G、Wi-Fiなどインターネット通信がつながるエリアであればグループ通話ができます。
通信内容もデータ化されているのでセキュリティも心配はありません。
通信制限がかかりにくく、災害時の交通誘導や、防災としてもオススメします。

またPCで位置情報の取得もできるので、人員がどのように配備されているかの確認が簡単にできます。

悩み

警備業務での連絡手段で
こんなお悩みはありませんか?

警備員の写真
  • 通信専用の無線機が重い、警備体制によって使用する無線機が異なる
  • 通話が繋がらない事がある
  • 現場の警備体制を把握したい
  • 話した内容を記録したい
  • ランニングコストを削減したい
スマホIP無線Aldioなら
警備事業さまの課題を全て解決できます

ご相談はこちら

Aldioを選ぶメリット

警備(警備員・監視員・交通整理)でスムーズに情報の共有ができる
低コストなスマホIP無線

グループ通話で情報の共有

グループ通話で情報の共有

グループ通話が可能なので、本部と現場や警備員同士の情報の共有がスムーズにできます。

周辺機器とセットで使える

周辺機器とセットで使える

スピーカーマイク、イヤホンマイクを使用して、スマホに触らずとも通話ができます。 Bluetooth型、有線型、どちらにも対応しています。

自動通話録音&音声テキスト化

自動通話録音&音声テキスト化

作業中に他の人からの指示を聞き逃してしまっても大丈夫。通話内容がテキスト化されるのでいつでも音声を再生、テキストの確認ができます。

位置情報をいつでも確認

位置情報をいつでも確認

ロケーションシステムと相性がよく、位置情報をいつでも確認できるので、運行の調整等に役立てます。

災害時につながる

災害時につながる

インターネット通信を利用するので、電話のように発信制限がかかる可能性が低く、災害時でも安定した通信ができます。

建物内外で話せる

建物内外で話せる

Wi-Fi、3G、4Gなどインターネット通信がつながるエリアであれば、オフィスや地下、山岳地帯でも通話や情報共有ができます。

Aldioの機能

警備事業さま向けのAldioの主な機能

機能1
グループ通話
事前に設定したグループ内で、一斉通話ができ、伝えたい内容をリアルタイムに届けます。登録できるグループとユーザー数に制限はありません。
機能2
個別通話
指定したユーザーと個別に通話ができます。個別に話した内容はグループには一切伝わりません。
機能3
ハンズフリー発信
Bluetoothのイヤホンマイクやヘッドセットを使用して、ハンズフリー発信できます。
機能4
自動通話録音、通話履歴の再生
通話内容はAldioサーバーに自動保存。後から再生することができます。
機能5
位置情報確認
すべてのユーザーの位置情報を一度に確認することができます。 ユーザーごとの移動履歴の表示など動態管理もできます。
機能6
各種業務アプリの同時利用
スマートフォンにインストールしている各種業務アプリの同時利用が可能です。
※音声を利用するアプリの場合は、事前の検証をお願いします。
機能7
音声テキスト化
通話した音声がテキスト化され、履歴に残ります。

その他Aldioの機能はこちら

構成

警備事業さまにおすすめの構成

必要なものはアプリ+端末+ネットワーク+周辺機器(オプション)です。

iOS/Android

Aldioアプリ

App StoreまたはGoogle PlayでAldioのアプリをインストール。

スマートフォン タブレット Webブラウザ

スマートフォン/ タブレット / Webブラウザ

iOS / Androidスマートフォン・・・グループでの音声コミュニケーションに。
タブレット・・・タブレットでも問題なく利用可能。
webブラウザ・・・トークグループやユーザーを管理。

Wi-Fi 3G 4G Lte

Wi-Fi / モバイルネットワーク

Wi-Fiや3G、4G、LTE等のモバイルネットワークでお使いいただけます。

警備関連での周辺機器にはBluetoothマイクがおすすめ!
ハンディ型Bluetoothスピーカーマイク AINA PTT Voice Responder

ハンディ型Bluetoothスピーカーマイク AINA PTT Voice Responder

iOS・Androidスマートフォンで使え、端末に触ることなく、PTT(プッシュツートーク)発信ができます。
また、優れた機能性、頑丈なデザイン、フレキシブルな互換性を提供し、警備中あらゆる場所でも安全・高品質な通信を実現します。

その他周辺機器はこちら

災害時に無料開放されるSSID、「00000JAPAN(ファイブゼロジャパン)」による
公衆無線LANサービスでも使えます

地震や台風、洪水などによる大規模災害が発生した際に、
情報収集や安否確認の連絡などを行いやすくするため、無料で開放される公衆無線LANサービスのネットワークです。

00000japanの公衆無線LANの接続方法
よくある質問

警備業界での利用シーンでよくある質問

  • Q導入実績を知りたい
    A無線として、エアラインをはじめ、鉄道、公共バス、建設現場等、多くの業種が無線のリプレースを進めています。
    また、衛星電話やMCA無線に代わるBCP対策(事業継続計画)の連絡手段として、金融機関、公共機関、流通業等で、24時間365日稼働しています。 詳しくは導入事例をご確認ください。

    導入事例はこちら ▶︎
  • Q災害時に本当に音声通話の品質を保っていられますか?
    A Aldioで通話するためには、ネットワーク環境が必要なため、データ通信やWi-Fiに依存すること、ご留意ください。
    お客様から2018年6月に発生した大阪府北部地震で正常に機能したことをご報告いただいています。
    また、災害時に無料開放されるSSID、「00000JAPAN(ファイブゼロジャパン)」による 公衆無線LANサービスでもAldioは利用できます。
  • QBluetoothヘッドセットマイクのボタンなどと連携できますか?
    Aはい、できます。
    Aldioの周辺機器としてBluetoothスピーカーマイク AINA PTT Voice Responderの併用をオススメしています。
  • Q登録できるグループ数とユーザー数に制限はありますか?
    A上限はありません。

その他よくある質問はこちら

スマホIP無線Aldioなら
警備事業さまの課題を全て解決できます

スマホIP無線Aldioなら警備事業さまの課題を全て解決できます

まずは試してみる

ページのトップへ戻る